元ゲーム屋が教えるゲームを売るときのコツや注意

 

f:id:kamiyanao09160325:20190304224511j:plain

 

 

今回はゲームを売る際のコツや注意点をいくつかご紹介しようと思います。

店舗ごとにより多少の誤差は生じますがご了承ください。

 

 

ケースについて

 

ケースが付いていないだけで買い取り金額が半額以下になってしまう店舗が多いので、できればケースにちゃんと入れて持っていきましょう。

 

ただし、ディスクタイプのソフトは特にケースがなければ買い取ってすらもらえない店舗もありますので、ケースは大事に保管しておきましょう。

 

ケースがきれいでもジャケットがボロボロ、あるいは水濡れしている状態だと、ケースなしの状態での買取、あるいは買い取ってもらえない場合もあります。

 

また、同じハードのソフトでも少し違うケースになっているものもありますので、買った際と同じケースに入れることを強くおすすめします。

 

 

説明書について

 

最近のソフトについている説明書はオンラインのものが増えてきているため、一枚の紙が入っている、あるいはジャケットの裏にリンクが記載されています。

 

この一枚の紙が入っているソフトは、買い取り時にもし入っていなくても減額されることは基本ありません。

 

しかし、冊子がもともと入っているタイプのソフトは、欠品もしくは傷んでいる状態だと減額が発生する場合が多いので大切に保管しましょう。

 

 

ソフトについて 

 

ソフトに深い傷があるため買い取ってもらえずお持ち帰り(一部、破棄による処分をを受けてくれる店舗もあります)、という手間を省くために、ある程度自分でも確認できる簡単なものだけをいくつかご紹介します。

 

ディスクタイプ 

 

・ディスクに割れ、カケがある 

・ディスク面が全体的に白くなっている

・円周傷がある(ディスクの円周に沿うようにできた傷)

 

カートリッジタイプ

 

・何のソフトかわからないくらいシールが痛んでいる

・端子にカビやサビができている

・軽く振った時にカラカラと音がする

 

 

以上のような場合だと、買い取ってもらえない可能性がかなり高いです。

傷については見慣れていないとなかなか判別が難しいので、明らかでないものは一度店舗までもっていってみることをオススメします。

 

 

 

ゲームを売るときのコツ

 

一度に大量に持っていく

 

 ソフトをまとめて持っていくとプラス料金が発生することがあります。

例えば、買い取り金額が6000円→7000円、と結構バカにならない値段が発生したりするのでたくさんある場合はまとめて持っていくようにしましょう。

 

正しいケースに正しいソフト

 

 ソフトが間違ったケースに入っていると、買い取ってもらえなかったり、元に戻さなくてはいけなくて時間をロスしたりといいことがないので絶対に間違えないように確認してから持っていくようにしましょう。

 

新品は封を切ってから

 

 新品商品は基本買い取ってもらえません。なので、新品の商品を持っていく場合は封を切ってから持っていきましょう。

 

 

最後に

 

最近ではDLC版でソフトを買う方も増えては来ています。

しかし実際にものを買うと、遊ばなくなったゲームを売ってそのお金でまた新しいゲームを買うこともできるので、よければ試してみてください。

 

 

その他質問等はコメント欄にて受け付けておりますので、ご気軽にご相談ください。

 

↓  よろしければこちらもご確認ください。

 

www.nekura-taro.com